So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

勢い余って「電磁マシマシ」ブロガーズミーティング参加。その3 [電磁マシマシ]

ぜ、前回の続きです(汗)

控え室での濃いぃ〜会話を見学してたところ、やっと佐野さん到着〜。
細い!カッコイイ!
開始時間まであまり時間もないということで、ほぼ挨拶のみで慌ただしく。

その後の控え室は相変わらず濃く...。
なぜみんなして同じUST(電磁マシマシのプレ?配信)見てるのですか〜(笑)
しかし、配信始まったってことは開始時間も迫ってきたってことでスタジオへ移動。
緑のTシャツなブロガー勢(Shunさんは洋服の関係でTシャツ着られず)と見学者さん達でぞろぞろと。
明らかにおかしい。
緑過ぎる

スタジオではUSTのカメラ担当のスタッフさんも緑T!
佐野さんはいつもの緑のスーツの中が緑!
なにこの緑の空間!
あ、私も緑のTシャツ着てるわ...。

話戻って、
当日話を聞くまでは、ブロガーはちらりと映る程度かなぁぐらいでいたのだけど
順番にスタジオで喋るって聞かされて「あわわわわわ...」。
人見知りな上に人前で話すの苦手な私は若干吐きそうに[たらーっ(汗)]

IMG_1516.jpg
もうすぐ21時。
日本シリーズの試合が終わらないので、まずはUSTのみ。
序盤、USTの調子が悪かったようで、
佐野さんのトークはスタジオにいる私たちだけしか聞けてない瞬間もあったようで。
しかし佐野さんのトークの展開スゴイなぁ、と。
そして、自由だ。
面白くて緊張の吐き気どっかいっちゃった(笑)

続きを読む


勢い余って「電磁マシマシ」ブロガーズミーティング参加。その2 [電磁マシマシ]

前回の続きです。
が、前後してたり、すっとんでたり、記憶が曖昧になってたり...。

集合時間になりまして、参加のブロガー7名+付き添い?な見学の方2名が控え室な会議室に。
見学な方のお一人は電マシ出演経験ある方らしい...ぐらいの認識でいた程度に疎いです。はい。
そして皆さんおもむろにノートPC的なモノやタブレットとか取り出し...
iPhoneだけっていうのは私だけ!アウェイ!アウェイだよ!わしアウェイ!(くどい)
重いし、ま、いいかってiPad2を持って行かなかった私。
みんな回線自前だし(笑)

プロデューサーのAさんから、
電磁マシマシについてのあれやこれやや
なぜブロガーズミーティングを企画したかの説明とか
当初5名の予定で応募が超えちゃったら抽選にしようと考えてたけど
応募が7名で微妙な感じだったから全員参加にしちゃった...等のお話と
ブログにこの番組のイイトコ悪いトコとにかく電磁マシマシについて何か書いてとのお願いが。

どのタイミングかの記憶がアレなんだけども
ブロガーさん自己紹介タイムもありましてですね
白井さん→私→ガイトさんShunさん山田たいつさんYou.T.さん神村奈々さんの順で
各自、名前と番組を知った経緯とブログでどうアピールしたいか?(だったような気がする)を。
人見知りな私は変な緊張をして何を言ったのかの記憶が...。

そしてAさんからプレゼント?が。
IMG_1492.jpg
みどりっ
強制ではないけれど着なきゃいけない空気で、着せられてる感アリアリで着ました(笑)

◎なぜ佐野電磁さん?◎
大人でも難しいシンセサイザーを子ども達に感覚的にわかりやすく教える「言葉の能力」。
(「ぎゅっ!として、がっ!として、ばぁ〜ん!」のような?)
そして、昔のつボイノリオさんの思い起こすようなルックス、昭和感...。

◎台本は?◎
初回はきちんとした台本があったものの、ほぼ佐野さんのアドリブで終わり、それ以降は無しに...とのこと。

続きを読む


勢い余って「電磁マシマシ」ブロガーズミーティング参加。その1 [電磁マシマシ]

先日の11月3日の文化の日に参加してきました。
CBCラジオ「電磁マシマシ」ブロガーズミーティング。
名古屋の放送局だけど番組のスタジオは東京なので東京へ。
ブログのマイカテゴリーを何にしたらいいかわからないので「電磁マシマシ」カテ作った(笑)

まず「電磁マシマシ」とは何か?
CBCラジオで放送されてる佐野電磁さんがパーソナリティーの生番組で
(思いっきりwiki見てる今)
Ustreamでも同時放送してて、投稿はTwitterのみ。
もう完璧にUSTの方しか見てないでしょ的な。
シンセサイザーいじりながら専門用語が平気で飛び交う
シンセのことがわからない人は置いてけぼりな
シンセ話で盛り上がりまくってる2時間番組。

で、「佐野電磁さんて?」
すみません。この番組で知るまで全く存じ上げませんでした[あせあせ(飛び散る汗)]
(wikiを見た)
リッジレーサーは名前知ってるけどプレイしたことない程度にゲーム疎いです...。

で、こんな状態な私が
なんでこの番組のブロガーズミーティングに応募してしまったのか...
今回も長くなりますよ?要領も全く得ませんよ?
一言で表せばおもしろそうだったからという軽いノリから。
がっつり説明すると、
普段お世話になってるシライミュージックの白井さん繋がりで
サイモンガー・モバイルさんを知り、
そのサイモンガーさんが「電磁マシマシ」という番組で演奏?すると知って
USTで見たのが「電磁マシマシ」との出会い。
で、ゲーム音楽もシンセのことも全然わかんないのだけど
あのトークとテンションに魅せられてというのか毒されて(ぉぃ)というのか
その後もUSTを見るようになって
(都合でUST見れなかったり寝落ちしてたりすることもあるけど)
いつの間にかシンセサイザーにも興味を持つようになって
iPhoneにI am SynthI am Samplerを入れて初心者なりにいじって遊ぶように。
そんな中、告知されたブロガーズミーティング。
初めは応募する気は全く無く、
しかし締切り近くなって「応募しちゃおうかなぁ」とか思い始めたりして
「いや、いや、人前とか苦手だし、人見知りだし、全然詳しくないし」とか思って
躊躇したりしてたんだけど
シライの白井さんが応募したって知って
「ま、選から漏れるだろうから応募しちゃえ(笑)」と送信。
そして27日に日付変わった直後に参加決定のメールが届いて
まーじーかーーーーーーーーーー!人見知りなのになぜ応募した自分よー!と動揺。
白井さんも参加ってことで、知ってる人がいて安心した。かなり安心した。
そして、本当に全然話についていけない自信だけが...ひえー。

迎えた当日。
朝からだらだらと支度をして、のんびりこだま乗車で東京へ。
寄り道しつつホテルにチェックインして、のんびりと全日本剣道大会をテレビ観戦。
時間見てぎゃーってなって九段下に移動して、白井さんと合流。
(YAMAHAのウィンドブレーカーは背後から見つけやすかった・笑)
てくてくと歩いていって2人して「あれ?」ってなって
マップ確認したら通り過ぎてた(爆)
引き返して信号渡ってCBC東京総局の入っている建物へ、いざ。

シャッターの下りてる正面入口の横の通用口から入って警備室で名前と入館時間を記入し
エレベータに乗ってCBCの階へ〜。
暗っ
IMG_1491.jpg
ど、どうすれば...と思ってるところにちょうど人が向こうから。
先に到着してたブロガーさんを一足先にスタジオに案内されていたプロデューサーのAさん。
控え室となる会議室に案内された後、スタジオへ。
(その途中、超ローカルな居住地名を出して通じるとは...。ここは東京、九段下...。)

案内されたスタジオで真っ先に目に入ったのがバニラビーンズのポスター!←そこか!
(バニラビーンズが電磁マシマシにゲスト出演予定なのが楽しみなのです。ふふふ。)
そして機材というかシンセとかシンセとかシンセとかシンセがこれでもか、と。
ここではさらっと見ただけというか案内という感じで再び控え室な会議室へ。

と、長くなってきたので、続きは次に...が、がんばって思い出すです...

しんばるばるばる [ドラム]

久し振りの更新[あせあせ(飛び散る汗)]

17・18日とシンバル漬けの二日間を送ってきました。
毎度お世話になってるシライミュージックですよ。
(16日にレッスン料払いに行ったら流れで準備のお手伝いを少々...)

17日はシンバル製作セミナーに参加。
シンバル持ってないのにいきなり自作です。
はい変態です(笑)
事前に某ドラマー氏に自慢しといた(笑)
3組目で申込んだので17時半頃にシライへ向かい、時間まで店内ぶらぶら。
既に常連化してるのでお店の方たちともちょいちょい話したりして。
そしたら上からマキトせんせい降りてきて、ご挨拶。
そのあとも誰か降りてきたなぁと思ったら「あ、おつかれさまです」ってピエール中野さんに挨拶され...[あせあせ(飛び散る汗)]
普通にシライの店内にいました(で、焦ったけど緊張してない自分もどうかと・・・)
元ドラムマガジン副編集長な村田さんも普通にいまして...ドラム業界的におかしい店内に。

で、時間になってスタジオの中に。
鉄床と原盤とハンマー、そして小出シンバルの小出社長〜。
この組は事前のサイズのオーダーが同じってことで
一応女性な私は一番歪みのない原盤で製作させていただくことに。

IMG_0572.jpg
このコが私のシンバルに。

ハンマーはお好きなのを・・・ってことでトルコ製のに(でも途中で軽いのに変更した[たらーっ(汗)]
小出社長から指導があり、その後はひたすらハンマリング...。
他の2人はさすが男子、テンポの速い打音。私、ゆっくり...。
開始直後はギャラリーもいて(マキトせんせい、村田さん、ピ氏)変な緊張もありつつ
そのうち集中、でも手が疲れてくる、額からも汗が。
ちなみに開始10分で私の右手は感覚が無くなりました(爆)
歪みの大きい原盤の2人は小出社長が細かく指示したり、
シンバル曲げたりしてたのに対し、私は最初の休憩まで放任で若干不安に...。
でも、ちゃんと叩けてたみたい。
ただ回数が少ないのでペース上げないと...って言われたけど既に右手はお逝きに[たらーっ(汗)]
もう3〜5回叩いては休み...を繰り返してなんとか2時間近く頑張った[ふらふら]
隣の男子のハンマーの痕がきれいに並んでてスゲーってなった。
細かい修正は小出社長にしてもらって、
かなりフラットだけど18インチのクラッシュライドな自作シンバルが一応完成。
この後、工場でエッジの処理等の加工をしてもらうのだけど
シンバルが工場へ行くまでの一週間、音の変化を実感できるとのこと。

IMG_0604.jpg
おもて

IMG_0605.jpg
うら

終わった直後は半ば放心状態。手の感覚ないし(笑)
身体能力的に不利だと思ったんだけど、力が弱い分、叩き方にムラが無くって良かったみたい。
小出社長も「はじめは本当にできるのかなぁと思っていたけど、
やってみたら意外に誰でもできるもんやなぁ。勉強になった」みたいにおっしゃってて。

しかし、13時からの1組目から20時までの私たち3組目まで、
ずーっとついていてくださった小出社長は本当にすごいです。

あ、あと、きちんと叩くためにはシンバルをしっかり鉄床に当てておくのも大事で、
変な風に浮いてたりすると「がしゃん」とか「ぐわぁん」とかなって
ジャストミートな感じだと金属ばかりなのにちゃんとハンマーがリバウンドしてくる。
で、そのためにシンバルを持ってた左上腕もかなりキテイタ...[ふらふら]

叩き損ねの音も始めは「ガシャ」っていってたのも次第に「ガシャァァン」みたいになって
「おぉ〜シンバルになってきてる〜」って実感したり。

製作セミナー後、まさかの村田さんによるインタビューとかありましたが(笑)
思い切って参加して良かったなぁ〜、と。

一枚目のシンバルが自作
という滅多にない経験をさせていただきました。
そしてその機会を作ってくれたシライミュージックはすごい!変態!


翌日のシンバルセミナーについては、また改めて...書きます...たぶん...

ピエール中野ドラムセミナー@浅草の続き [ドラム]

前記事の続きですが、途中で思い出したことをいきなり書いたりすると思うので
さらに話が前後になりすっとんでるかと。
そして、曖昧な記憶...んでは。

セッティングについて。
叩き易く無理のない位置にしたら、自然と見た目もキレイな配置になった。
会場からハイハットの高さについての質問に対しては
「スネアの打面から15~20cmぐらい」

購入するならどっち?
会場からの質問で「ハイハット購入を考えているがバンドに合った音のを買うか、自分が好きな音を買うか迷っている」
ピ「自分が好きな方(即答)。だってモチベーション上がるし、わざわざ上がらない方を買うことない。」

練習について。
ピ「ドラム始めたばかりでまだ8ビートぐらいしか...って人?」
つい挙手(笑)、そしてご対面(違)
この時に限ったことではないけれど、
ピエールさん身体をひねりながらも会場全体を見るようにしてお話されてました。
曲に合わせてひたすら8ビートを叩くということも練習になるよ、ということでPerfumeで1曲。

スティック回し。
触れないわけがありません、今回も会場のみんなでスティック回し~。
みんなピエール中野さん直伝です(笑)

自宅での練習について。
キックの練習をするには...
「キック用の練習パッド作って欲しいですよね~。TAMAなら出来ますよね、Made in Japan」
関係者のみなさん焦る焦る(笑)

・・・
他にもツインペダルの練習とか、ライブ前の緊張をほぐす方法とか、
リズムのキープとか、プロになるためにはとか、影響を受けた人音モノとか、
スランプの脱し方とか、思いついたフレーズの書き留め方とか、ストロークについてとか、
いろいろもりだくさんの内容でした。

そして、そして、いよいよアレですよ(どれ?)
今回の私のメインイベント(違)
ピエール中野さんとツインドラム!の時間です。
しかも本人使用のセットを叩けるのですよ。
前回の豊橋の時は未だドラムセットの前に座ったことも無かったので
遠慮してしまい後悔しきりだったツインドラムですよ。
ピエールさんも
「豊橋の時にあとで『叩かなくて後悔した』って書き込みたくさんあったから
叩けなくても座って待ってるだけでもいいから。みんなにドラム叩いて欲しいなぁ。」と。
私も「座るだけでもしておけばよかった。次の機会があったら絶対」と後悔してたら
1年も経たない間に次の機会に恵まれて、叩かない訳にはー!
(余談ですが、ドラムの先生からのプレッシャーもありました・笑)

ピエールさんはスタークラシックの方でリズムを刻みながら、
お客さんはシグネチャーの方を1人8小節ずつを順番に。
で、たぶん叩いた中では一番の下手っぴだったと思います私[ふらふら]
みんなツインペダルとかどこどこどこどこどこ...すごかった…。
激しい人には激しく、私みたいな初心者にも合わせて...ピエールさんは臨機応変に叩いていました。
下手っぴなりに8小節合わせて叩いたYO!
よく考えたらレッスン以外で人前でドラム叩いたの初めてだったYO!(笑)

半分近くの人がピエールさんとのツインドラムを叩いた後、
イスを片付けたあとのシグネチャーセットの周りをお客さんがぐるっと囲んで
凛として時雨の曲を2曲とソロを演奏。
始めの時より至近距離でピエールさんのドラムを体感。
そしてドラムセミナー終了。

一旦会場から出て整理番号順にサイン会。
なんだかんだで挙動不審で終わった私...。
豊橋も参加したこともあって「北九州で待ってるからw セミナー全制覇w」と[ふらふら]
いや、行きたいのはやまやまですが、その日は鈴鹿8耐観戦ですから(笑)
あ、サインはピエールさん表紙のドラムマガジンにしていただきました。
「色は黒?金色?金?金?w」と金色で。
あまりにキョドってたせいか、握手2回してくれました[あせあせ(飛び散る汗)]

31日の小倉のセミナーも既に完売してしまっているけれど、
「ドラム興味あるけど、やってもない人が行ってもいいのかなぁ...」と思ってる方!
ピエール中野さんのドラムセミナーは大丈夫ですので、機会があったら是非是非是非!
ドラムやってないのに、ピエールさんのこともほとんど知らないでセミナー参加して、
ドラムを始めることになって時雨も好きになった私が言うのですから大丈夫。(かえって胡散臭い)

前回はドラムを始める前、今回はドラムを始めてからの参加という事で、
内容の違いも多少あるけれど、受け取る側の自分の違いも実感できた...と思う。

コマキ楽器ドラムシティのみなさん始め、星野楽器の方、ヤマハミュージックトレーディングの方、
参加されていた皆さん、そしてピエール中野さん、
関わられた全てのみなさん、ありがとうございました。

ドラムがんばります。
前の5件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。